津軽の冬祭り

弘前市

 厳しい風説が舞うイメージの津軽。その津軽の冬は夏のねぶたの熱さをは違った顔を見せてくれます。そこには「冬祭り」の心温まる暖かさをに触れられます。荘厳な「弘前城雪燈籠まつり」の光のファンタジーなどの美しい祭りが数多くあります。真っ白な雪に展開する光のページェント、キャンドル、和紙オブジェ・ライトアップなど、幻想的で美しい光の世界は、津軽の冬と共に、きっとあなたの心の記憶に残るでしょう!

弘前城雪燈籠まつり

 蓮池の周りには、武者絵にローソクを灯した雪燈籠やミニかまくらが並び、あたりは雪と光のファンタジーに包まれます。また二の丸では、迫力あるねぶた絵を間近で見られる「津軽絵錦大回廊」、四の丸では、大雪像や大きな滑り台も作られ、イベントを盛りあげます。

沢田ろうそくまつり

 毎年旧暦の小正月15日に、沢田地区(旧相馬村)にある神明遇では、ほこらの岩肌に蝋燭を灯し、翌日のロウの垂れ具合で豊凶などを占うという450年以上前から伝わるお祭りです。

  • 日時:2020年2月8日(土)18:00~21:00
  • 場所:弘前市沢田 沢田神明宮境内「岩谷堂」
  • 無料シャトルバス(JAアンパンマン号)
    「JA相馬村湯口支所‐大助経由-沢田会場」
    行き 1回目17:10出発 2回目19:20出発
    帰り 1回目18:40出発 2回目20:40出発
  • 問合せ先:弘前観光コンベンション協会
  • URL: https://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/details.html?id=API00300004021

弘前エレクトリカルファンタジー

弘前は近代の明治・大正時代の洋館が数多く点在する街です。期間中は現存する市内の洋館文化財施設をライトアップします。イルミネーションにより、街なかがファンタジックな空間になります。

冬のお山参詣

毎年秋に五穀豊穣・家内安全を岩木山に祈願するお山参詣を行われます。その年の参詣の安全祈願を元旦に行っています。本番同様に行列を組んで参拝します。半纏(はんてん)などの装飾品の貸出しもあります。(要予約)

  • 期日:1月1日
  • 場所:岩木山神社
  • 交通:JR奥羽本線弘前駅より🚌バス約45分
  • 問合せ:岩木山観光協会 
  • TEL:☎0172-83-3000

乳穂ヶ滝(におがたき)氷祭  【西目屋村】

 高さ約33mの乳穂ヶ滝は冬の間に乳穂のように氷結します。乳穂ヶ滝氷祭では、積み上げられた杉葉をいぶした煙や、稲束の燃え具合を見て豊凶占いする護摩祈祷や火渡り荒行を行います。

乳穂ヶ滝(におがたき)氷祭

 

ひろさき街歩き

「和」と「洋」が交錯する街・弘前を散策しましょう!地元の人も知らない歴史や隠れスポット、女性目線で楽しむ商店街。魅力満載の弘前を多彩なコースと個性的なガイド達あご案内します!

問合せ:弘前観光コンベンション協会

URL : http://machi-aruki.sakura.ne.jp/
☎0172-35-3131(土・日・祝日休み)※要3日前までにお申込み

コース1:弘前城2時間1本勝負! 

歴史ある城郭が、ほぼ現存する弘前城。広大な園内には興味深い秘密のトリビアやエピソードが盛り沢山。100年ぶりに移動した天守も見られる充実した2時間です。
時間:【午前】10:00~12:00 【午後】13:30~15:30
料金:お一人様1,000円(ガイド料含む)
※弘前観光ボランティアの会が案内いたします。

コース2:女子旅限定! 

土手町界隈ぶらぶら散歩 老いも若きも集まれ! 街ぶらしたい女子達よ!

弘前市民に愛される商店街「土手町」を、弘前路地裏探偵団のかっちゃ(主婦)ユニットが津軽弁混じりでご案内。市場や商店街のある街並みを女性目線で闊歩します。
時間:【午前】10:00~12:00 【午後】13:30~15:30
料金:お一人様2,000円(ガイド料含む・記念品付き)
ガイド団体「弘前路地裏探偵団チームアパ・テ・ドラ」がご案内
※女性限定ツアーですが、カップルでの参加は受付けます。

コース3:夕暮れ路地裏散歩! 

DEEPな弘前は路地裏探偵団におまかせ!

夕暮れ時の路地裏を迷探偵が案内する90分。ガイドブックに載っていないディープな弘前の街角の名店、裏話をご紹介します。
時間:17:30~19:00
料金:お一人様1,500円(ガイド料含む、記念品付)
ガイド団体「弘前路地裏探偵団」がご案内

スマートグラスガイドツアー 

最新のデジタル技術(スマートグラス)を利用した弘前公園を巡るツアー。桜のトンネルや艶やかな紅葉などのパノラマ映像が年中何時でも楽しめる。ガイドは多言語にも対応!
ガイド期間:①10:30~ ②14:00~ 所要時間約70分
ご予約のお客様優先。開始時間・所要時間等の指定時間以外をご希望の場合は要問合せ。
料金:一人あたり1,000円 ※対象年齢:中学生以上
問合せ:藤田記念庭園事務所☎0172-37-5525
交通 :JR奥羽本線弘前駅より🚍約20分

ルート:藤田記念庭園➡①追手門➡②南内門➡③下乗橋➡④本丸弘前城天守➡⑤本丸展望所➡武徳殿

 

🚲 サイクルネットHIROSAKI

弘前市内をのんびり自転車を借りて散策。サイクルステーションは市内5ヶ所、貸出・返却はいすれの場所でもOK。
期間 :5月7日~11月30日(予定)
時間 :受付16:00まで 返却17:00まで(貸出時間は場所により異なります)
料金:普通自転車1回500円、電動自転車1回1,000円
貸出場所:①弘前市立観光館(下白銀町)
②弘前市観光案内所(弘前駅1F)
③弘前市まちなか情報センター(土手町)
④弘前市りんご公園(清水富田)
⑤津軽ねぶた村(亀甲町)
電動自転車貸出返却場所:弘前市立観光館、弘前市観光案内所のみ
問合せ:弘前市立観光館☎0172-37-5501
URL : https://aptinet.jp/Detail_display_00002247.html

🚌 バスでお得な弘前めぐり!

津軽藩ねぶた村(弘前公園・弘前城)

弘前駅、りんご公園を乗り換えなしでスイスイ回れる便利なバス
料金:大人100円、小学生50円
1日乗車券:大人500円、中学生300円、小学生200円
【土手町循環バス】
時間:10:00~17:00(4月~11月18:00まで)
10:00バスターミナル始発 以降10分間隔で運行
【ためのぶ号】
9:15弘前駅発 1日4便運行(12月~3月は運休)一部区間200円
問合せ:弘前バスターミナル☎0172-36-5061

 

弘前市立博物館 弘前駅よりバス約15分

弘前城跡三の丸の一角にあり、津軽の歴史、美術工芸資料を展示、貴重な資料を通して、津軽の歴史と美術を知ることができる博物館です。
時間:9:30~16:30
入館料:一般280円
定休日:第3月曜日(祝日・休日の場合は翌日)
問合せ:☎0172-35-0700
URL : http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/

藤田記念庭園

弘前市出身の実業家・藤田謙一が、大正10年(1921年)に別邸として造った庭園。園内は洋館の他に、登録有形文化財「考古館」をリニューアルした「クラフト&カフェ 匠館」があり、青森県産の木材を使用したテーブルや椅子、ブナコのランプ、地元の職人が作った食器などを備えた店内で、和風カフェやあんみつを味わえます。
期間:4月中旬~11月23日
11月24日~4月上旬までは高台部のみ無料開園〔洋館・匠館は通年営業〕
時間:9:00~17:00(匠館:LO16:30)
休日:無休(匠館:12月29日~1月3日)
料金:大人310円、小人100円(洋館・匠館は入場無料)
問合せ:☎0172-37-5525(匠館☎0172-36-6505)
交通:JR奥羽本線弘前駅より🚍約20分
弘前市: http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyou/shisetsu/2014-1206-1549-48.html
URL : http://www.hirosakipark.or.jp/hujita/

青森銀行記念館

青森県初の国立銀行「第五十九銀行」の本店として明治37年(1904年)完成。木造2階建て、ルネッサンス調の洋風建築で、国の重要文化財に指定されています。2階の小会議室、大会議室の天井には、伝統工芸品の高級壁紙「金唐革紙(きんからかわかみ)」を使用。
時間 :9:30~16:30
弘前さくらまつり、弘前ねぷたまつり、弘前城雪燈籠まつり期間中18:00まで
休日 :火曜日、12月29日~1月3日
弘前さくらまつり、弘前ねぷたまつり、弘前城菊と紅葉まつり、弘前城燈籠まつりを除く
料金 :大人200円、小・中学生100円
弘前さくらまつり、弘前ねぷたまつり、弘前城菊と紅葉まつり、弘前城燈籠祭り期間中無料
問合せ:☎0172-33-3638
交通 :JR奥羽本線弘前駅より🚍約10分
URL : https://www.aptinet.jp/Detail_display_00000022.html?id=00000022&t=0

津軽藩ねぶた村

実物大の弘前ねぶたが展示され、祭り太鼓にチャレンジしたり、津軽三味線のライブも楽しめ津軽の文化を体験!伝統工芸では金魚ねぶた製作、鳩笛の絵付けなどを体験できます。野菜の産直販売やおみやげも充実しています。
時間:9:00~17:00(4月~11月)
9:00~16:00(12月~3月)
休日:年中無休
入村料:大人550円、中・高校生350円
小学生200円、幼児100円
体験料は別途(内容により異なる)
交通:JR奥羽本線弘前駅より🚌約15分
問合せ:☎0172-39-1511
URL : http://neputamura.com/

またぎ飯

山を知り尽くしたマタギ(狩人)たちが好んで食べた山菜入り混ぜご飯を現代風にアレンジしました。キジ肉や舞茸、山菜などの山の恵みをたっぷり堪能できる炊き込みご飯です。
時間:平日・土曜日(11:00~16:00(L.O15:00)
日・祝日11:00~17:00(L.O16:00)
場所:マタギ亭 山のホテル内
交通:JR奥羽本線弘前駅よりバス約50分
問合せ:山のホテル☎0172-83-2379
URL : http://www.yamanohotel.com/

 

 

参考文献:「青森県観光ガイドブック2017・2019冬・春編」、JR東日本 「行くぜ、東北 冬のごほうび」2019、「あおもり紀行」2019年冬・春編パンプレットより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください