目次

・奥鬼怒温泉・八丁の湯について

・極上のやわらかな湯で魅了する「八丁の湯」

・温泉は露天風呂が全部で4つ

・開放感あふれる「滝見の湯」は、四季折々の自然に囲まれた癒しの空

・雪見の湯&石楠花の湯

・八丁の湯 旅館情報

 

奥鬼怒温泉・八丁の湯について

温泉好きなら一度は訪ねたいと思う奥鬼怒温泉郷。奥鬼怒という名のとおり、鬼怒川の源流付近、ブナの原生林に囲まれた標高1300m〜1500mの山の中に点在する手白澤、加仁湯、八丁の湯、日光澤温泉の4つの温泉を総称して呼んでいます。

奥鬼怒温泉郷は大変山深い場所にあり、このあたり一帯が日光国立公園に制定されるため、一般車両の乗り入れができません。奥鬼怒温泉の入り口は、川俣温泉のさらに奥に位置する女夫渕駐車場から、歩いてお目当ての温泉を目指します。

途中吊り橋を渡ったり、すべりやすい場所もあるので、本格的な山歩きとまではいかなくても、歩きやすい靴、急な雨に備えての雨具の準備、水、虫除けなどなど用意いましょう。冬季(12月~4月上旬頃)は完璧な雪山となるためアイゼンは必須。ある程度しっかりとした準備をした方が安心です。

極上のやわらかな湯で魅了する「八丁の湯」

女夫渕駐車場からハイキングコースを歩くこと約90分。渓流の緑の中にチラリと赤い屋根が映ります。

昭和4年に開湯したという「八丁の湯」は、古くは「ランプの宿」と呼ばれ、夜になると宿中にランプが灯されます。100%自然湧出のかけ流し、一切追い炊きをしない自噴高温泉(中性低張性高温泉湯)が自慢の宿です。

温泉は露天風呂が全部で4つ

現在、温泉は露天風呂が全部で4つ(4つのうち1つは女性専用、3つは混浴です)

完璧に露天がメインの作りとなり、男女別の内湯が各1つずつあります。混浴露天風呂の入り口は脱衣所も男女別の作りになので、まったく気負う必要はありません。しかも女性はバスタオル巻きOK! これなら女性も臆することなく、露天を満喫できそうです。

また、男女別の内湯はレトロな雰囲気もあり、ゆっくり髪の毛や身体を洗いたいなら内湯がおすすめです。

露天風呂の入り口は、まず女性専用の「滝見露天風呂」から。この露天を通って、その先に続く3つの混浴露天風呂(男湯の脱衣所とは直で繋がっています)に出られる仕組みとなっています。

開放感あふれる「滝見の湯」は、四季折々の自然に囲まれた癒しの空間

目の前に大きな滝を眺める気持ちのよさそうな石造りの「滝見の湯」。

利用された女性客のコメントは、無色透明の湯質の温泉を真正面に眺めながら、ほのかな硫黄の香りと、豊富な湯の花が真の温泉を感じるそうです。肌に当たる湯の柔らかさには素晴らしいものだそうです。勢いよく音を立てながら流れ落ちる滝を眺めながめるのはまさに至極の空間。

雪見の湯&石楠花の湯

冬季は優占してお湯を流しこんでいるという「雪見の湯」。ここから眺める雪景色も最高。

一段上には昭和4年の開業時からの露天風呂「雪見の湯」があり、さらに石の階段を上った高台には、滝を真横から眺めることができる「石楠花の湯」があります。

滝のしぶきが飛んできそうなくらい滝のそばに配された「石楠花の湯」。もちろんマイナスイオンがいっぱい!

3つの露天は異なる距離や角度で滝見を楽しめるようにデザインされ、なんとも粋な配され方に感心してしまいました。「石楠花の湯」からの見晴らしは最高で、ゴーゴーと滝の音をすぐ近くに聞きながら、マイナイスイオンいっぱいの山の緑を眺めることができます。

ただ浴槽のサイズがこぢんまりとしている高台のバルコニー的空間なので、先客に男性がいると入りづらいと思います。下の露天風呂から誰も人がいないタイミングを狙って入るのがコツ。

 

八丁の湯 旅館情報

  • 住所:栃木県日光市川俣876
  • チェックイン:12:00 チェックアウト:10:00
  • アメニティ(宿泊設備):浴衣・半纏(はんてん)・タオル・バスタオル・歯ブラシ・カミソリ・石鹸・ボディーソープ・リンスインシャンプー・ドライヤー(ログハウスは備え付け・本館和室は洗面台にて共有)
  • 食事場所:お食事処
  • 館内設備:お食事処、サロン、内風呂、露天風呂、売店、宅配便、無線LAN利用可能
  • 宿泊施設:ログハウスツイン:13.080円~、ログハウス和室(ロフト付き大部屋):12,518円~、ログハウス和室:10,518円~、本館和室:8,518円~
  • 問合せ:☎: 0288-96-0306
  • 公式サイト

 

参考文献:WEB「ジモトのココロ編集部『混浴ですけど大丈夫? 女性が学んだ混浴温泉の入り方「奥鬼怒温泉」編』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください