国際避暑地日光の原点となった外交官の旧別荘

多くの外交官が愛した景色を眺めながら過ごす特別な時間。この初夏から夏にかけておすすめするのは、明治中期から昭和初期に国際避暑地として栄えた日光・中禅寺湖エリアです。。

目次

  • 国際避暑地日光の原点となった外交官の旧別荘 英国大使館別荘記念公園

  • ベルギー王国大使館別荘

  • イタリア大使館別荘記念公園 ≪中禅寺湖の景観と調和する建築美≫

  • 中禅寺湖畔ボートハウス ≪ベルギー王国大使館別荘のボートも展示≫

英国大使館別荘記念公園

英国外交官アーネスト・サトウが登山や植物採取を楽しむために、1896年に建てた個人別荘。後に英国大使館別荘となり、120年の時を経て、復元されました。今も変わらない美しい奥日光の風景を望めます、
開館時間:9:00~16:00(5月1日~11月10日は17:00まで)
開館期間:4月1日~11月30日
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日以降に振り替え)※6月~10月は無休
入館料:大人200円、4歳~中学生100円
交通アクセス:🚍JR日光駅または東武日光駅より東武バス約50分
「中禅寺温泉」下車徒歩約35分
URL : https://www.nikko-nsm.co.jp/british.html

ベルギー王国大使館別荘

現在も使用されているベルギー王国大使館別荘。1928年に建てられた、中禅寺湖畔の別荘群では唯一の純洋風建築です。現在、ベルギー王国の所有物で、現役で使用しているため、一般の方の立入りは出来ません。
交通アクセス:🚍JR日光駅または東武日光駅より東武バス約50分
「中禅寺温泉」下車徒歩約15分

イタリア大使館別荘記念公園 

中禅寺湖の景観と調和する建築美

建築家で外交官であったアントニー・レーモンドによる設計。杉皮張りの内外装が大きな特徴です。副邸は国際避暑地歴史観として公開されています。当時の各国大使の社交文化を感じてみてはいかがでしょう。
開館時間:9:00~16:00(5月1日~11月10日は17:00まで)
開館期間:4月1日~11月30日
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日以降に振り替え)※6月~10月は無休
入館料:大人200円、4歳~中学生100円
交通アクセス:🚍JR日光駅または東武日光駅より東武バス約50分
「中禅寺温泉」下車徒歩約40分
URL : https://www.nikko-nsm.co.jp/italy.html

中禅寺湖畔ボートハウス

ベルギー王国大使館別荘のボートも展示

米国の水辺リゾート地をモデルにして、現在の中禅寺金谷ホテルの付帯施設として1947年に建設された建築を再現しました。
開館時間:9:00~16:00(5月1日~11月10日は17:00まで)
開館期間:4月1日~11月30日
休館日:水曜日(祝日の場合は翌日以降に振り替え)
※6月~10月は無休
入館料:無料
交通アクセス:🚍JR日光駅または東武日光駅より東武バス約60分
「中禅寺金谷ホテル前」下車徒歩すぐ
URL : https://www.nikko-nsm.co.jp/boathouse.html

栃木県立日光自然博物館

国際的避暑地として発展した奥日光の歴史を学ぶ

奥日光の美しい自然や歴史を展示や映像体験をしながら学べるほか、各自然体験イベントを開催。また、「奥日光サイクリシェア」のサイクルポートから中禅寺湖をサイクリングで楽しみたい方など、中禅寺湖畔散策の前にぜひ立ち寄ってみたい施設です。
開館期間・時間:夏季(4月1日~11月10日)9:00~17:00
開館時間・時間:冬季(11月11日~3月31日)10:00~16:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日以降に振り替え)※6月~10月は無休
入館料:大人510円、4才~中学生250円
交通アクセス:🚍JR日光駅または東武日光駅より東武バス約50分
「中禅寺温泉」下車徒歩すぐ
URL : https://www.nikko-nsm.co.jp/

★奥日光サイクルシェア

営業時間:9:00~17:00(4/1~11/10), 9:00~16:00(11/11~3/31)
レンタルサイクル1日1,000円、4時間500円(以降30分ごとに100円)
貸出場所:貸出・返却は栃木県立日光自然博物館前広場で行っています。
URL : https://docomo-cycle.jp/okunikko/

 

お勧めハイキング・コース!

JR日光駅/東武日光駅 ➡ (路線バス/有料)➡ 栃木県立日光自然博物館【スタート】➡(徒歩)➡ 英国大使館別荘記念公園 ➡(徒歩)➡ イタリア大使館別荘記念公園 ➡(徒歩)➡ 湖畔園地 ➡(徒歩)➡ 西六番園地 ➡(徒歩)➡ 西十三番園地 ➡(徒歩)➡ 中禅寺湖畔ポートハウス【ゴール】 ➡(路線バス/有料)➡ JR日光駅/東武日光駅

※見学施設によっては、入場料や入館料を別途にお支払いする場合があります。※路線バスは別途費用がかかります

 

 

 

 

 

参考文献:「NIKKO is NIPPON」パンフレットより

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください