目次

「昭和レトロ」のまち 三戸町

七戸町渋いレトロの魅力!

城下町黒石には津軽文化が宿る!

十和田湖「大石武学流」庭園文化!

 

「昭和レトロ」のまち 三戸町

三戸街歩き奉行所

大正時代の建築物、昭和レトロを感じさせる店舗・看板など歩かないと立ち寄れない場所、ガイドブックに掲載されていない街の見どころ名所を、地元街歩きガイドとうんちくを交えながら楽しく巡ります。

 

七戸町渋いレトロの魅力!   

絵馬のまち七戸まち歩き

国指定の「七戸城跡」や南部小絵馬が奉納された「見町観音堂」などの名所がある七戸町。絵馬を奉納し祈念する文化のある七戸町。昔ながらのまち並みをガイドが案内で歩き神社で絵馬を奉納。願いを掛ける『願いが叶う』ガイド付きまち歩き体験です。

  • 期間  :通年
  • 所要時間:約120分
  • 料金  :お一人様3,800円(ガイド料、奉納用絵馬代金、お土産代、保険料含含む)
  • 問合せ :しちのへ観光協会0176-58-7109
  • URL         : https://www.shichinohe-kankou.jp/tour/

旧南部縦貫鉄道レールバス

平成14年に廃線となった南部縦貫鉄道。鉄道ファンの熱意で動態保存されている貴重なレールバスを旧七戸駅で一般公開されています。

  • 時間 :土・日曜日の10:00~16:00 ※平日の見学は1週間前までに要予約
  • 料金 :無料
  • 休み :要問合せ
  • 場所 :旧七戸駅構内
  • 交通 :JR東北新幹線七戸十和田駅より🚘車約10分
  • 問合せ:七戸町観光協会 ☎0176-58-7109
  • URL     : http://www.ogaemon.com/r-bus/kengaku.htm 

 

城下町黒石には津軽文化が宿る!

津軽伝承工芸館 津軽こけし館

津軽伝承工芸館では、津軽塗や津軽こけし、手焼きせんべいなどの各種体験、職人による実演も行われています。また、津軽こけし館では、日本一の4m21cmジャンボこけしの見学やこけし作りの実演、こけし絵付け体験も楽しめます。

  • 時間 :9:00~17:00 ※足場は11:00~14:30(冬場は除く)
  • 休日 :12月~3月月曜日、年末年始
  • 入館料:伝承館:入館無料、こけし館:大人320円、高校生270円、小・中学生160円
  • 体験料:全コース1,500円(2名~、10日前まで要予約)
  • 問合せ:津軽伝承工芸館☎0172-59-5300 
  • 交通 :弘南鉄道弘南線黒石駅より🚘車約25分
  • URL      :   http://tsugarukokeshi.com/

重要伝統的建築物群保存地区 中町こみせ通り

「日本の道百選」に選ばれている商業で発展した通り。藩政時代、旅篭や呉服店、商家が軒を連ね、人を日差しや吹雪、積雪から守るために木造アーケード状の通路「こみせ」が造られました。旧家や通り酒屋などの伝統的建造物が「こみせ」と共に受け継がれています。

鳴海釀造店 酒造見学

文化3年(1806年)創業。約210年の歴史を持つ老舗蔵元。市の有形文化財に指定されている家屋など、伝統的な酒造を解説付きで見学できます。

  • 期間 :4月下旬~10月 ※酒造時期は見学不可
  • 時間 :9:00~16:00
  • 料金 :見学無料
  • 休み :月2回日曜日(不定休)
  • 予約 :3日前まで
  • 交通 :弘南鉄道黒石駅より徒歩約10分
  • 問合せ:鳴海醸造店☎0172-52-3321
  • URL :http://narumijozoten.com/

黒石まち歩きツアー 

風情を感じさせる城下町・黒石の歴史・文化・なりわいなどをガイドのうんちくを交えながら案内します。

【コースの一例】:中町浜街道商家巡り(ちょい食いグルメ付き)

【ツアー内容】:松葉堂 ➡ 第三屯所 ➡ 寺山餅店 ➡ 高橋家 ➡ 鳴海醸造店 ➡ 小見泉

  • 集合場所:松の湯交流館(黒石市中町33)
  • 期間  :通年
  • 時間  :10:00~12:00
  • 参加料 :大人2,000円(中学生以上)、小人1,500円(小学生以下)※ちょい食べ、おみやげ付き
  • 予約・定員:実施日の10日前まで・20名程度
  • 主催 :横町十文字まちそだて会
  • 問合せ:松の湯交流館 ☎0172-55-6782
  • URL     : http://kuroishi-machisodate.com/

十和田湖「大石武学流」庭園文化!

大石武学流庭園

弘前を中心とした津軽地方では、「武学流」、「大石武学流」と呼ばれる様式の庭園が多く残っています。主として明治・大正時代に盛んに作庭されました。現在でも実際の作庭にこの様式が踏襲されています。今では「武学流」は津軽地方の庭園様式の代名詞になっています。

URL : http://zuirakuen.com/oishibugakuryu/

盛美園(せいびえん)

明治35年(1902年)より9年の歳月を費やして完成した「大石武学流」を代表する名園。庭園を鑑賞するために建てられた「盛美園」は一階は純和風、二階は鹿鳴館時代の風情を残す和洋折衷の珍しい建物。

  • 時間:9:00~17:00(4月上旬~11月中旬)
  • 10:00~15:00(11月中旬~4月上旬)
  • 休日:12月29日~1月3日
  • 観覧料:大人430円、中・高校生270円、小学生160円
  • 冬季割引:大人210円、中・高校生130円、小学生80円
  • 問合せ:盛美園☎0172-57-2020 ※11月~3月は隣接の「四季の蔵もてなしロマン館」へ
  • ☎0172-43-5610
  • 交通:弘南鉄道弘南線津軽尾上駅より徒歩約10分
  • URL : http://www.seibien.jp/

清藤氏書院庭園

北上時頼の側室、唐糸御膳を弔うため、江戸時代初期、京都の公家・花山院忠長卿によって作庭される。この庭園は津軽地方で広く見られる流派「大石武学流」の源流とされ、書院と共に国名勝に指定されています。

  • 期間 :4月~11月
  • 時間 :9:00~17:00(事前に要申込)
  • 休日 :不定期(要問合せ)
  • 入園料:大人300円、高校生200円、小・中学生100円
  • 問合せ:☎0172-57-2127
  • 交通 :弘南鉄道江南線津軽尾上駅より徒歩約10分
  • URL     : https://oniwa.garden/seido-shi-shoin-garden-清藤氏書院庭園/

どっぷり盛美園1時間コース 

(2階空中桜閣観覧 特別プラン)

国指定名勝の盛美園とお庭を眺めながら、ガイドツアー限定で一般公開されていない2階のお部屋がご覧になれる。園主だけの特権である空中桜閣からの景色をお楽しめます!!

  • 期間 :通年10:00~15:00(11月中旬~4月上旬)、9:00~17:00(4月中旬~11月中旬)
  • 時間 :60分~
  • 料金 :お一人様2,000円(盛美園入園料込)
  • ※1グループ5名までの限定プラン
  • 問合せ:平川市観光協会☎0172-40-2231

平川市ねぷた展示館 

祭りで運行される世界一の大きさの扇ねぷた(高さ12m、横幅9m、奥行き8m)を展示。水墨画調で描かれた絵柄は珍しく必見!

  • 時間 :8:30~16:30
  • 休日 :毎年6月下旬~7月中旬休館(絵の張替えのため)
  • 料金 :無料
  • 問合せ:平川市商工観光課☎0172-44-1111
  • 交通 :弘南鉄道弘南線津軽尾上駅より徒歩約15分
  • URL :https://aptinet.jp/Detail_display_00001859.html

 

 

参考文献:「青森県観光ガイドブック あおもり紀行 2017・2019冬・春編」HPより

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください