★津軽海峡フェリー「大函丸](函館~大間)

大間~函館間を90分で結ぶ津軽海峡フェリー。大函丸の船内のフリースペースは大間マグロを大胆にモチーフとしたテーブルがあり、大漁旗をアレンジした壁面の装飾パネルがあり、船内無料のWi-Fiサービスの設備やバリアフリールームも充実

  • 航行時間:1時間30分(1日2往復)
  • 料金:旅客(大人)スタンダード:1,810~2,600円
  • 車両:(6m未満)13,160~18,920円
  •  ※時期により変動アリ。
  • 問合せ:津軽海峡フェリー㈱大間支店 ☎0175-37-3111

 

★シィライン「ポーラスター号」(佐井~福浦~牛滝~脇野沢~青森)

下北半島と青森市とを結ぶ新時代の定期航路。高速旅客船「ポーラスター」は広い座席でゆっくりとした旅が楽しめる。また、高齢者などにも優しいバリアフリー装備も充実。

【高速旅客船「ポーラスター号】

  • 航行時間:55分~1時間 (脇野沢~青森)
  • 運航期間:通年(1日2往復)
  • 料金  :大人2,610円 小人1,310円 
  • ※往復は往復運賃を1割引き、15名以上1割引き(要問合せ)
  • 問合せ:シィライン㈱ ☎017-722-4545
  • 航行時間:2時間25分~2時間30分(佐井~福浦~牛滝~脇野沢~青森)
  • 運航期間:通年(1日2往復)
  • ※但し10月1日~4月30日は佐井~脇野沢間は1日1往復
  • 料金:大人3,560円 小人1,780円 
  • ※往復は往復運賃を1割引き、15名以上1割引き(要問合せ)
  • 問合せ:シィライン㈱ ☎017-722-4545

★仏ヶ浦観光船(佐井~仏ヶ浦)

船上からは、陸地からでは見る事のできない仏ヶ浦のスケール感を堪能できます。自然美が生んだ神秘・奇跡の秘境・仏ヶ浦の連なる断崖は圧巻です。

URL  : https://hotokegaura.jp/

★【仏ヶ浦行き観光船 サイライト号・シーナイト号】(佐井~仏ヶ浦)

  • 航行時間:1時間30分 (佐井~仏ヶ浦(深勝30分・ガイド案内あり~佐井)
  • 運航期間:4月20日~10月31日(9:00発、10:40発、14:00発)
  • 料金  :往復大人2,400円 片道1,250円 
  • ※15名以上1割引あり・臨時便対応可(要問合せ)
  • 問合せ/佐井定期観光㈱ ☎0175-38-2255

★【仏ヶ浦行き定期高速観光船 ニューしもきた号】(佐井~仏ヶ浦)(佐井~仏ヶ浦~脇野沢貸切運航有り)

  • 航行時間:1時間30分 (佐井~仏ヶ浦(深勝30分・ガイド案内あり~佐井)
  • 運航期間:4月25日~10月31日(9:00発、10:30発、13:00発)
  • 料金  :往復大人2,400円 片道1,250円 
  • ※臨時便20名以上対応可(4月1日~11月10日 要予約)
  • 問合せ/仏ヶ浦海上観光㈱ ☎0175-38-2244

★【夢の平成号】(仏ヶ浦~脇野沢)

  • 航行時間:2時間 (脇野沢~45分~仏ヶ浦(深勝30分)~45分~脇野沢)
  • 運航期間:4月15日~10月14日(10:45発、15:05発)
  • 料金:往復大人4,290円 小人2,140円 
  • 片道大人2,260円、小人1,130円 
  • ※15名以上1割引き(要問合せ)
  • 問合せ:シィライン㈱ 脇野沢営業所 ☎0175-44-2233 /むつ市観光戦略課☎0175-22-1111

★むつ湾フェリー「かもしか号」

津軽半島・蟹田と下北半島・脇野沢を約60分でつなぐ、むつ湾フェリー「かもしか号」。4月下旬~6月下旬にかけて、むつ湾を遊泳するイルカの群れに出合う確率が高くなります。野生のイルカがフェリーと並走したり、海面を飛び跳ねたりする美しい姿を見に行こう!

  • 運行期間:4月21日~11月5日
  • 料金  :大人1,770円、小人890円
  • 区間  :蟹田―脇野沢
  • ※特別室、自動車航送料は別、要予約
  • 問合せ/むつ湾フェリー㈱ ☎0174-22-3020

 

本州最北端のむら・風間浦村&寒立馬 むつの魅力を探る!

 

風間浦村 下北ゆかい村

「下北ゆかい村」とは「湯」と「海」で身も心も解きほぐしてもらいたいという意味をこめた。風間浦村の愛称。海の幸が豊富な風間浦村! 下北ゆかい村の旬の海の幸を満喫できる他、子供から大人まで楽しめるイベントがいっぱい!

【木工体験・べこ餅作り体験】

青森ヒバの魅力を実際に手で触って、香りをかいで、肌で感じてもらう木工体験や巨大な金太郎飴のように、切るたびにカラフルな図柄が表れる「べこ餅作り体験」など、感動いっぱいのユニークなイベントが盛り沢山。風間浦流のおもてなしで歓迎いたします。

【木工体験】

期間   :通年(要予約)
休み   :第3土・日曜日
所要時間 :60分~
料金   :1,000円~
場所   :わいどの木(易国間)
問合せ  :村口産業 ☎0175-35-2147
【べこ餅作り体験】
期間 :通年(要予約)
料金 :2,000円
問合せ:べこ餅工房「かさい」☎0175-36-2653

風間浦村 布海苔採り体験ツアー

風間浦村の冬の風物詩。荒波に育まれた布海苔を思う存分取りつくすイベント。体験の後は、冷えた体を下風呂温泉で温め、新鮮な海の幸を味わえます。
期間   :2月下旬~3月下旬 (数回開催予定、要問合せ)
場所   :風間浦村内
問合せ  :風間浦村産業建設課☎0175-35-2011

風間浦村鮟鱇(あんこう)

青森県の鮟鱇水揚げ量は全国でもトップクラス。なかでも下北半島北西部に位置する風間浦で育った新鮮な活鮟鱇が水揚げされ、「鮟鱇まつり」も開催されます。

【鮟鱇まつり】

期間   :12月中旬~3月末頃 (2名以上、5日前まで要予約)※時化などにより入荷のない場合があります。
料金目安 :14,190円~(宿泊なし7,560円~)
場所   :下風呂温泉旅館組合(風間浦村商工会)
問合せ  :☎0175-35-2010

風間浦村鮟鱇感謝祭

旬の鮟鱇を見て味わうまつりです。鮟鱇の雪中切り実演をはじめ、鮟鱇汁や鮟鱇鮨の販売などのイベントが盛りだくさん!

期日   :2020年2月2日(日)
料金目安 :11:00~
場所   :風間浦村下風呂漁港特設会場
問合せ  :風間浦村産業建設課 ☎0175-35-2111

URL   : https://www.shimohuro.com/下風呂の楽しみ方/風間浦鮟鱇感謝祭/

 

寒立馬(かんだちめ)/東通村

~寒さを耐え忍ぶたくましさに感動する!!

「寒立馬」とは本来、カモシカが厳冬の中で動かずに何日もじっと佇む姿を表すマタギ(狩人)の言葉でした。寒風吹きすさぶ尻屋崎の雪原で野放馬がじっと立っている様子から、尻屋の野放馬は「寒立馬」と呼ばれるようになりました。
場所 :アタカ越冬放牧地(1月~3月)
料金 :見学無料
交通 :JR大湊線下北駅より🚙約1時間、またはむつ市街より🚙約50分
問合せ:東通村経営企画課 ☎0175-27-2111

URL : https://aptinet.jp/Detail_display_00000049.html

北洋館

 
海上自衛隊大湊地方総監部に隣接した石造りの100年の歴史のある洋館・北洋館。大正5(1916)年に海軍士官の社交場として建てられたものです。旧海軍・海上自衛隊の貴重な資料約1,000点を展示しています。
時間 :9:00~16:00 ※12月以降、開館日、開館時間の変更もあり。
入館料:無料
休日 :訓練等により臨時休館あり(要問合せ)
交通 :JR大湊線大湊駅より🚍バス約10分
問合せ:海上自衛隊大湊地方総監部総務課広報係☎0175-24-1111

URL  : https://www.mod.go.jp/msdf/oominato/info/kengaku/hokuyo.html 

水源地公園

公園内に明治42(1909)年に旧日本海軍大湊要港部により東北地方で最初に建築された重力アーチ式石造堰堤を含む「旧大湊水源地水道施設」があり、国の重用文化財に指定されています。
交通 :JR大湊線大湊駅より🚍バス約10分
問合せ:みどりのさきもり館 ☎0175-24-1818
むつ市観光交流センター 北の防人大湊安渡館・海望館
安渡館はかっての海軍「大湊要湊部庁舎」をイメージした外観と明治・大正期の雰囲気がある内装の観光交流施設でカフェテリアや物販コーナーもあります。近くにある海望館は展望部分が地上約15mの展望台で、陸奥湾や大湊の街並み、海上自衛隊大湊基地などを一望できます。
時間 :10:00~20:00 カフェテリア「憩」は11:00~20:00(L.O19:20)
入館料:無料
休日 :12月31日、1月1日
交通 :JR大湊線大湊駅より🚍バス約10分
問合せ:☎0175-29-3101

URL    : http://www.city.mutsu.lg.jp/index.cfm/38,1870,26,199,html

 

馬門温泉《まかど観光ホテル》野辺地町

源義経が弁慶と一緒に湯浴びしたと今も語り継がれています。青森ひばの香りが漂うお風呂に浸かりながら、歴史ロマンに心馳せてみては?

 

  • 時間  :土・日・祝日の11:00~15:00
  • 休日  :年中無休 ※立寄入浴は土・日・祝日のみ
  • 入浴料 :大人450円、小学生150円、幼児60円
  • 交通  :JR大湊線・青い森鉄道野辺地駅より🚍バス約20分
  • 問合せ :☎0175-64-3131
  • URL         : http://sanrok-makado.com/

下風呂温泉郷  風間浦村

室町時代の記録に残る由緒ある湯治場。井上靖の小説「海峡」の舞台にもなった温泉郷です。露天風呂で漁火を眺めながらの入浴は情緒あふれる趣きです。

【下風呂観ホテル三浦屋】硫黄泉の天然温泉と旬の魚介を堪能!

  • 立寄入浴:14:00~20:00(要問合せ)
  • 休日  :年中無休 ※都合により臨時休業あり(要問合せ)
  • 入浴料 :大人700円、小学生600円、幼児400円 ※立寄り入浴については要問合せ
  • 交通  :JR大湊線下北駅より🚘車約40分
  • 問合せ :☎0175-36-2311
  • URL: https://www.shimofuroonsen-miuraya.jp/

【下風呂温泉共同浴場】共同温泉ならではの雰囲気を楽しんで!

  • 立寄入浴:7:00~20:30(4月~10月)8:00~20:30(11月~3月)
  • 休日  :共同浴場大湯=月曜日《酸性・含硫黄ーナトリウムー塩化物ー硫酸塩素》
  • 共同浴場新湯=火曜日《含硫黄ーナトリウムー塩化物泉》
  • 入浴料 :下風呂温泉郷の共同浴場や宿泊施設のうち3施設入浴できる「遊(湯)めぐり湯礼」(800円)をご利用ください
  • 一般入浴の場合は350円(大湯・新湯)
  • 交通  :JR大湊線下北駅より🚍バス約1時間10分
  • 問合せ :風間浦村観光協会(風間浦村商工会内)☎0175-35-2010
  • URL: https://www.shimohuro.com/下風呂温泉郷について/公衆浴場/

「下風呂温泉郷・遊(湯)めぐる手形」

ビバ製でイカの湯玉などを形にした、宿泊者限定販売の下風呂温泉郷湯めぐり手形。旅の記念にどうぞ!

  • 販売箇所:下風呂温泉郷のホテル・旅館・共同浴場(大湯・新湯)
  • 期間:通年(利用日より6か月間)
  • 料金:800円(宿泊者対象・計3回入浴可能)
  • 問合せ:下風呂温泉旅館組合(風間浦村商工会内)☎0175-35-2010

奥薬研温泉(おくやげんおんせん)むつ市

大畑川の渓流沿いにある温泉露天風呂です。ブナ林に囲まれた大きな露天風呂は開放感があり、ゆったりと入浴が楽しめます。「かっぱの湯」はリニューアルに伴い、男女で入浴時間は別になっています。

夫婦かっぱの湯】

  • 立寄入浴:8:30~18:00(4月、9月~11月10日)、10:00~17:00(11月11日~3月)、8:30~19:00(5月~8月)
  • 入浴料 :大人230円、小中学生110円
  • 休日:1月5日~3月の火曜日、12月30日~1月3日(4月~12月29日無休)

 

【かっぱの湯】

  • 立寄入浴:男性7:00~9:00、11:10~13:00、15:10~17:00
  • 女性9:10~11:00、13:10~15:00
  • 入浴料:無料
  • 休日 :水曜日、11月~3月31日冬季閉鎖

湯野川温泉(濃々園〔じょうじょうえん〕)むつ市

山深くにあり、300年以上続く温泉地です。湯野川渓流のせせらぎや森の佇まいに心が和みます。日帰り入浴施設「濃々園」には特産のヒバ造りの浴室や岩造りや露天風呂があります。

  • 立寄入浴:9:00~19:00(要問合せ)
  • 入浴料 :大人380円
  • 休日  :火曜日(祝祭日により変更する場合あり)
  • 交通  :JR大湊線大湊駅より🚘車約1時間
  • 問合せ :☎0175-42-5136
  • URL: http://simokita.org/onsen/yunokawa/

 

 

 

参考文献:「青森県観光ガイドブック2017、2019冬・春編」、青森県観光ガイドブック あおもり紀行2020冬・春編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください