01:岩木山麓湯めぐり手形【弘前市】

硫黄が香る乳白色の獄温泉郷、鉄分を多く含んだ茶褐色の百沢温泉郷など、赤身帯びた湯段温泉など、19施設の中から3ヶ所に入湯できます。

  • 販売期間:通年
  • 利用期間:発行より6か月
  • 料金  :1,000円
  • 場所  :百沢温泉郷、獄温泉郷、他岩木山麓周辺加盟施設
  • 販売場所:加盟施設、岩木山観光協会
  • 問合せ :岩木山観光協会 ☎0172-83-3000
  • URL         : http://www.iwakisan.com/hot-spring/2016/12/115/

アソベの森いわき荘 《ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩・塩化物泉》

津軽富士岩木山の麓に佇む見晴らしの宿です。様々な内湯・露天、客室露天風呂、いろいろなお部屋、お食事のスタイルは食命人がつくる和食、源泉掛け流しのヒバ風呂津軽三味線ライブ演奏、津軽工芸体験や自然文化の体験ができます。

アクセス: JR奥羽本線弘前駅から🚍無料シャトルバスで30分。

ホームページ: http://www.iwakisou.or.jp/

獄温泉 山のホテル 《酸性ーカルシウムー硫黄泉》

津軽の文化、伝えます。あなたの心、癒します。あの温もりをもう一度・・・。津軽のお宿山のホテル

  • 住所  :青森県弘前市常盤野湯の沢19
  • 問合せ :☎0172-83-2329
  • アクセス:JR奥羽本線弘前駅から🚍路線バスで約50分/無料送迎バス(要予約)
  • JR弘前駅城東口16:00出発 ホテル発9:00
  • URL:http://www.yamanohotel.com/onsen/

 

 

02:津軽南田温泉【平川市】《ナトリウム・塩化物泉》

源泉かけ流しの温泉は、肌に優しく爽やかな泉質で、女性に好評の弱アルカリ美容温泉です。名物の「りんご露天風呂」をはじめ、さまざまな湯船を楽しめます。

南田温泉ホテルアップルランド

  • 立寄入浴/大浴場:10:30~14:30(最終受付14:00)、元浴9:00~21:00(最終受付20:30)
  • 入浴料 :大浴場 大人500円、小学生200円、元湯大人400円、小学生150円
  • 休日  :年中無休
  • 交通  :弘南鉄道弘南線平賀駅より徒歩約15分
  • (宿泊者には弘前駅・平賀駅から無料送迎バスあり、要予約)
  • 問合せ :☎0172-44-3711
  • URL         : http://www.apple-land.co.jp/

 

 

03:大鰐温泉郷〔大鰐町〕

約800年以上の歴史を持つ温泉郷。津軽地方の南端に位置することから「津軽の奥座敷」とも呼ばれ、古くから湯治客に親しまれてきました。温泉熱利用の「大鰐温泉もやし」も有名です。

 

四季の湯・不二やホテル《カルシウム・ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉》

  • 立寄入浴:10:30~14:00(日曜・祝日のみ)
  • 入浴料 :大人500円、小学生250円、幼児100円
  • 交通  :JR奥羽本線大鰐温泉駅より徒歩約15分
  • 問合せ :☎0172-48-3221
  • URL         : http://www.fujiya-hotel.net/

 

星野リゾート 界 津軽《ナトリウム・塩化物・硫黄塩泉》

  • 立寄入浴:不可
  • 休日  :年中無休(※都合により臨時休館の場合あり、要問合せ)
  • 交通  :JR奥羽本線大鰐温泉駅より🚘車約5分
  • 問合せ :☎0570-073-011(界 予約センター)
  • URL         : https://kai-ryokan.jp/tsugaru/

青森ワイナリーホテル

  • 立寄入浴:13:00~18:00
  • 入浴料 :大人500円、小人250円、幼児無料
  • 休日  :年中無休
  • 交通  :JR奥羽本線大鰐温泉駅より徒歩約15分(冬季約25分)
  • 問合せ :☎0172-48-2881
  • URL         : https://www.a-wineryhotel.com/

 

お得で便利な切符!! ≪さっパス≫

弘南鉄道大鰐線(中央弘前駅ー大鰐駅)の往復乗車券に、大鰐町地域交流センター「鰐come」の入浴券とお買い物券200円分が付いたお得な切符です。

  • 料金 : 1,000円
  • 販売箇所:大鰐駅・中央弘前駅・大鰐線車内・弘前駅(弘前線)・鰐come
  • 問合せ: 弘南鉄道 ☎0172-44-3136
  • URL    : https://konantetsudo.jp/2016/10/01/ticket001/

 

04:黒石温泉郷〔黒石市〕

それぞれに泉質が異なる「温湯」「落合」「板留」「青荷」などの温泉郷が点在し、古くから湯治場として栄えてきました。一部共同浴場もあり、地元にも密着しています。

 

落合温泉(花禅の庄)《単純温泉》

  • 立寄入浴:11:00~15:00 ※木曜日は立寄入浴不可
  • 入浴料 :大人700円
  • 交通  :弘南鉄道黒石駅より🚍バス約30分
  • 問合せ :☎0172-54-8236
  • URL         : http://www.kazennosyo.jp/ 

鶴の名湯・温湯温泉共同浴場《ナトリウムー塩化物泉》

青荷温泉(ランプの宿 青荷温泉)《単純温泉》 ランプの明かりで照らし出される風情が魅力的!

  • 立寄入浴:10:00~15:00
  • 入浴料 :大人520円
  • 交通  :東北自動車道黒石ICより🚘車約30分
  • 問合せ :☎0172-54-8588
  • URL         : https://www.aoninet.com/index.html

 

05:鰺ヶ沢(鳴戸)温泉【鰺ヶ沢市】《ナトリウム・カルシウムー塩化物強塩泉》

日本海を見渡せる高台にあり、見晴らし抜群。露店風呂からの日本海の雄大な絶景が楽しめます。又、大浴場は1日ごとに女湯と男湯が入れ替わります。

ホテルグランメール山海荘

  • 時間  :11:00~21:00
  • 休日  :12月~4月上旬は臨時休業の場合あり(要問合せ)
  • 料金  :11:00~13:00 大人450円、小学生150円、幼児60円
  •     :13:00~21:00大人1,000円、小人600円(タオルセット付)
  • 交通  :JR五能線鰺ヶ沢駅より🚘車約10分
  • 問合せ :☎0173-72-8111
  • URL         : https://www.hotel-grandmer.com/

06:鰺ヶ沢高原温泉【鰺ヶ沢市】《ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉》

岩木山と日本海を一望できる抜群のロケーション、天然温泉でゆっくりくつろいだ後は、海の幸、山の幸を満喫できます。

ロックウッド・ホテル&スパ

  • 立寄入浴:12:00~17:00
  • 入浴料 :大人1500円、小人680円
  • 休日  :11月10日~12月21日
  • 交通  :JR五能線鰺ヶ沢駅より🚘車約20分
  • 問合せ :☎0173-72-1011
  • URL          : https://rockwoodhotel.com/?lang=ja

 

 

07:黄金崎不老ふ死温泉【深浦町】《含鉄ーナトリウム・マグネシウムー塩化物強塩泉》

広大な日本海の風情を望む高台の露天風呂や、波打ち際の海岸露店風呂が人気です。天気が良い日は夕陽が一望できます。

  • 立寄入浴:8:00~20:00(本館19:30受付終了)
  • 10:30~14:00(新館13:30受付終了)
  • 8:00~16:00(海辺の露天風呂、15:30受付終了)
  • 入浴料 :大人600円
  • 交通  :JR五能線ウェスパ椿山駅より🚘車約5分(無料送迎あり)
  • 問合せ :☎0173-74-3500
  • URL         : https://www.furofushi.com/

 

 

青森・八甲田山麓、そして津軽海峡・龍飛崎の秘湯名湯

08:浅虫温泉郷〔青森市〕≪カリシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉≫

昔は布を織る麻を蒸すだけにお湯を使っていたといわえれる青森の出湯・浅虫温泉。文人たちが愛した温泉としても有名で特に青森市出身の板画家棟方志功は浅虫温泉に逗留し、多くの作品を生み出しました。陸奥湾に面し、穏やかに海や夕焼けの絶景を堪能!

  • 交通  :青い森鉄道浅虫温泉駅より下車すぐ
  • 問合せ :浅虫温泉観光案内所 ☎017-752-2935
  • URL         : http://asamushi.com/

南部屋・海扇閣

  • 立寄入浴:12:00~14:00(最終受付13;30)
  • 休み:不定休
  • 入浴料 :大人1、000円、小人500円、幼児300円
  • 問合せ :☎017-752-4411
  • URL         : https://www.kaisenkaku.com/

絶景の宿・浅虫さくら観光ホテル

  • 立寄入浴:毎週月・火・水曜16;00~18:00 ※要問合せ
  • 休み  :年中無休
  • 入浴料 :大人1、000円、小人500円
  • 問合せ :☎017-752-3355
  • URL         : http://www.asamushi-kanko-hotel.com/

 

 

※ 「浅蒸(あさむし)湯札」

温泉施設が様々な浅虫温泉郷。湯めぐりをお得に楽しめる「浅蒸湯札」をおすすめ!

  • 場所・販売箇所:浅虫温泉旅館組合加盟施設
  • 販売期間:通年(利用日より6か月)
  • 料金:大人・小人共通 【1枚2軒】1,000円、【1枚3軒、又は3名】1,500円
  • 問合せ:浅虫温泉旅館組合:☎017-753-3259
  • URL     : https://www.aptinet.jp/Detail_display_00002002.html

 

 

09:寒水沢温泉〔青森市〕≪ナトリウムー炭酸水素塩泉≫

八甲田山を眺めながら、まろやかな泉質の温泉を満喫! 八甲田国際スキー場の真下、八甲田ロープウェー山麓駅まで徒歩1分という好条件のリゾートホテル。肌にしっとりと馴染むと評判の「とろとろ湯」は女性客に美肌効果があり好評!

八甲田リゾートホテル

  • 立寄入浴:11:00~16:00(15:30受付終了)
  • 休日  :年中無休
  • 入浴料 :大人500円、小人300円、幼児100円
  • 交通  :JR奥羽本線青森駅より🚍バス約1時間
  • 問合せ :☎017-738-2233
  • URL         : http://www.hakkouda-resort.jp/

 

10:城ヶ倉温泉〔青森市〕≪ナトリウム・カルシウムー塩化物泉≫

四季折々の景色に魅せられ心安らぐ時・・・! 八甲田連峰の最高峰・大岳の西の山麓に湧く天然温泉が自慢。川のせせらぎをBGMに、ブナの原生林を眺め、夜は満天の星空を見上げゆっくりとくつろぐ!地元の旬の食材を活かした会席料理にも定評があり。

HOTEL jogakura(ホテル城ヶ倉)

  • 立寄入浴:11:30~16:00(15:00受付終了)※メンテナンスのため入浴できない時間帯あり
  • 休み  :年中無休
  • 入浴料 :大人1,000円、小学生300円、幼児300円
  • 交通  :JR奥羽本線青森駅より🚍バス約1時間10分
  • 問合せ :☎0120-38-0658, 017-738-0658、
  • URL         : https://www.jogakura.com/

11:酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)〔青森市〕≪酸性硫黄泉≫

江戸時代からの湯治場の風情と硫黄の香りが漂う名湯です。特に柱一本無い総ヒバ造りの「千人風呂」は160畳の広さは圧巻!目隠しや衝立などの気遣いや女性専用時間もあるため、混浴が初めての女性も安心です。又、男女別の小浴場「玉の湯」もあります。

酸ヶ湯温泉旅館

  • 立寄入浴:7:00~17:30 ※8:00~9:00は女性専用時間(玉の湯は9:00~16:30)
  • 休み  :年中無休
  • 入浴料 :大人1000円、小人500円 (貸タオル付)※ビバ千人風呂か玉の湯のどちらか1ヶ所のみ
  • 交通  :JR奥羽本線青森駅より🚍バス約1時間
  • 問合せ :☎017-738-6400
  • URL         : http://www.sukayu.jp/

 

下北の秘湯名湯 ~ゆったりと癒しの旅~

12:下風呂温泉郷「風間浦村」《硫黄泉》

室町時代の記録に残る由緒ある湯治場。井上靖の小説「海峡」の舞台にもなった温泉郷で、津軽海峡に揺らめく漁火を露天風呂から眺める入浴は情緒あふれる最高の趣き!

下風呂観ホテル三浦屋

  • 立寄入浴:14:00~20:00(要問合せ)
  • 休日  :年中無休
  • 入浴料 :大人700円、小学生600円、幼児400円
  • 交通  :JR大湊線下北駅より🚘車約40分
  • 問合せ :☎0175-36-2311 ※立寄入浴は要問合せ
  • URL     :https://www.shimofuroonsen-miuraya.jp/

 

下風呂温泉共同浴場 共同浴場大湯《酸性・含硫黄ーナトリウムー塩化物ー硫酸塩素》、共同浴場新湯《含硫黄ーナトリウムー塩化物泉》

  • 時間  :7:00~20:30(4月~10月)8:00~20:30(11月~3月)
  • 休日  :共同浴場大湯=月曜日《酸性・含硫黄ーナトリウムー塩化物ー硫酸塩素》
  • 共同浴場新湯=火曜日《含硫黄ーナトリウムー塩化物泉》
  • 入浴料 :下風呂温泉郷の共同浴場や宿泊施設のうち3施設入浴できる「遊(湯)めぐり湯礼」(800円)をご利用ください
  • 一般入浴の場合は350円(大湯・新湯)
  • 交通  :JR大湊線下北駅より🚍バス約1時間10分
  • 問合せ :風間浦村観光協会(風間浦村商工会内)☎0175-35-2010
  • URL         : https://www.shimohuro.com/下風呂温泉郷について/公衆浴場/

 

※「下風呂温泉郷 遊(湯)めぐり手形」旅の記念に!【風間浦村】

ヒバ製でイカや湯玉などの形をした、宿泊者限定販売の「下風呂郷湯めぐり手形」。

  • 販売箇所:下風呂温泉のホテル、旅館、共同浴場(大湯。新湯)
  • 期間  :通年(利用日より6か月)
  • 料金  :800円(宿泊者対象/計3回入浴可能)
  • 問合せ :下風呂温泉旅館組合(風間浦村商工会内)☎0175-35-2010
  • URL  :https://chinetsu.net/aomori/119f.htm

13:奥薬研温泉(おくやげんおんせん)〔むつ市〕《単純温泉》

大畑川の渓流沿いにある温泉露天風呂。ブナ林に囲まれた大きな露天風呂は開放感たっぷり!

  • 交通  :JR大湊線下北駅より🚘車約50分
  • 問合せ :奥薬研修景公園レストラン ☎0175-34-2008

夫婦かっぱの湯

  • 時間  :10:00~17:00(11月11日~3月)、8:30~18:00(4月、9月~11月10日))、8:30~19:00(5月~8月)
  • 休日  :1月~3月の火曜日、12月30日~1月3日(4月~12月29日無休)
  • 入浴料 :大人230円、小人110円
  • URL         : https://yu.hashigoyu.com/aomori/233/

かっぱの湯

  • 時間 :男性7:00~9:00、11:10~13:00、15:10~17:00
  • 女性9:10~11:00、13:10~15:00
  • 休日 :水曜日、11月11日~3月31日冬季閉鎖
  • 入浴料:無料
  • URL     : https://simokita.org/onsen/kappa/

 

 

 

秘湯名湯、湯めぐり前の泉質知識!

温泉は含まれている成分や温度、液性(pH)、色、匂い、味、肌ざわりなどの様々な特徴があり、主に分けると9つの泉質に分類される。それぞれを泉質を知りながら温泉を楽しもう!

1.単純温泉:

肌ざわりが柔らく、癖や刺激の少ないマイルドでやさしい温泉。子供からお年寄りまで、家庭揃って安心して入れる。

2.塩化物線

塩分が主成分で、入浴後に肌に付いた塩分が発汗を抑えるため、保温効果が高く湯冷めしにくい。ポカポカが特徴!

.炭酸水素塩泉

石鹸のような動きがあり、肌の不要な角質をとる効果によりツルツル肌に! その働きにより肌表面からの水分の発散が盛んになりスッキリします。

4.硫酸塩泉

石膏泉、芒硝泉、正苦味泉の3種類あり、それぞれに効能の違いがあります。古くから切り傷、火傷などに効くと言われています。

5.二酸化炭素泉

入浴すると気泡が身体に付着します。炭酸ガスは血行促進作用があるため、温度が低くても入浴後はポカポカな状態。

6.含鉄泉

鉄分が酸化し茶褐色のにごり湯が多いです。鉄分を含有し、体がよく温めるため冷え性の方におすすめです。

7.酸性泉

酸性度の高い温泉で、殺菌力が強く、皮膚病に効果があります。ただし、刺激が強く肌の弱い人は湯ただれをおこすこともあるため、浴後はシャワーなどで十分に洗い流しが必要です。

8.硫黄泉

ゆで卵のような匂いがして、もっとも温泉らしく感じる泉質。殺菌効果があり皮膚病に効くとされ、また硫黄水素型の硫黄水素型の硫黄泉は「糖尿病・高血圧・動脈硬化」に効果あると言われています。

9.放射能泉

放射能といわれると怖いイメージがあるが、温泉に含まれる程度の放射能は体に良い方向に働く。入浴によって痛風に適応症があるのは放射能泉だけです。

参考文献:青森県観光ガイドブック2020冬・春編「あおもり紀行」より

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください