目次

  • ダイナミックなシャチのパフォーマンス!

  • 千葉のもみじ街道!

  • もう一つの房総お楽しみスポット 里山を走る里山トロッコ

ダイナミックなシャチのパフォーマンス!

鴨川シ―ワールド 《鴨川市》

ダイナミックなシャチのパフォーマンスをはじめ、神秘的な海の世界が楽しめます。また、ロッキーワールド水中観覧窓にはイルカやアシカが遊びに来てくれるかもしれません!

★ 鴨川シーワールドの見どころは? 海の仲間たちのパフォーマンス!

  1. シャチのパフォーマンス :大迫力のジャンプなどダイナミックなどなど!
  2. イルカのパフォーマンス :見事なコンビネーション!
  3. ベルガのパフォーマンス :真っ白い体とかわいい声で鳴く”海のカナリア”のパフォーマンス!
  4. アシカのパフォーマンス :芸多才、コミカルな動きと愛嬌たっぷりのアシカのパフォーマンス!

 

  • 場所 :鴨川市東町1468-18駐車場 :1、000円
  • 時間 :時季により変動
  • 休日 :不定休
  • 料金 :高校生以上2,800円、4歳~中学生1,400円、65歳以上2,100円
  • 問合せ:☎04-7093-4803
  • 交通 :JR安房鴨川駅から無料送迎バスで約10分
  • 自動車:富津舘山道「君津IC」から約50分
  • URL     : http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html

★シャチについて学べぶ! 知れば知るほど、もっと鴨川シーワールドを楽しめる!

シャチは古くから人々の間では神聖な生き物とされてきました。クジラをも捕食する獰猛な姿から恐れられる反面、人々から人の力を超越する存在としてあがめられてきました。その後、イルカやクジラの生態が科学的に明かされると、知能の高さや社会性など、それまでとは違った側面を注目されるようになりました。さらに水族館での飼育が始まってから50年間の間に世界中の人々から愛される存在になりました

★シャチとはどんな動物?

最大でオスの体長9.8m、メスは8.5mになる大型の鯨類です。オスの背びれは最大で1.8mに達します。背面は黒,腹面は白色で、両面の上にアイバッチと呼ばれる白い模様があり、背びれの根本にはサドルバッチと呼ばれる灰色の模様があります。それらに模様や背びれの形状は一頭ずつ異なるため、個別認識の材料とすることができます。

★「シャチ」の名前の由来は?

シャチの名前の由来は諸説あります。豊漁をもたらすことから「幸(サチ)」が転じて名付けられたという説もあります。シャチには「サカマタ」という別名があり、これを漢字では「坂戟 坂叉」と書き、古代中国で使われた武器に由来します。高く伸びた背びれの形かこれかの武器に連想させたことから用いられるようになりました。

★どこに住んでいるの?

赤道直下をのぞく世界中の海に広く分布しています。最近では世界中での野生のシャチに関する研究が進んできたことかた、生息海域によって全く遺伝子の異なるいくつかのグループ(エコタイプ)に分けられることが明らかになっています。これまで単一の種類と考えられていたシャチも、将来的にいくつかの種に分けられる可能性が出ています。

 

千葉のもみじ街道

清水渓流広場 君津市

清水渓谷は濃溝ノ滝などの小さな滝がいくつもあり、紅葉のアーチをくぐり抜けていきます。

 

デマンドタクシー

デマンドタクシーは乗合いタクシーです。一回500円で乗れます。上総亀山駅から利用できますが予約は必要です。また、他のお客様の予約状況によって所要時間が長くなることもあります。

デマンドタクシー予約専用☎ 0439-27-3188 

 

 筒森もみじ谷 大多喜町

国道465号から細道に入り約1Km進むと現れるモミジの群生。紅葉の季節、それは深紅に染まり幻想的な世界をつくります。また、寄り道して大福山展望台からみる景色は壮観な大パノラマを見せてくれます。(市原市石原)

  • 場所:大多喜町筒森地先 
  • 小湊鉄道上総中野駅から探勝バス「養老渓谷行」で「老川十字路」下車、国道465号を君津方面に徒歩約4Km
  • 圏央道「木更津東IC」から60分 
  • ☎:0470-82-2176(大多喜町 産業振興課 商工観光係)
  • URL:http://www.town.otaki.chiba.jp/index.cfm/10,384,60,127,html

もみじロード 富津市

志駒川沿いに走る県道182号。その延長約10kmに渡り、約1000本のモミジが生い茂っています。

  • 場所:富津市志駒~山中地区 JR上総湊駅から天羽日東バス「戸面原ダム行」で「六車」下車、徒歩10分
  • 舘山道「富津中央IC]から約30分。TEL 0439-80-1291(富津市商工観光課)

★ その他に寄り道として、お勧めなのは、名山鋸山であります。鋸山ロープウェーに乗って山に登れば「地獄のぞき」はゾックとするスリルが味わえます。まさに見どころは盛りだくさん。

四方木不動滝(よもぎふどうたき)鴨川市

四方木地区の県道から山道に入った場所にあります。まだ、あまり知られていない紅葉スポットです。

  • 場所:鴨川市四方木地内 JR安房天津駅から鴨川バス「奥清澄行」で「四方木」下車、徒歩約15分
  • 舘山道「君津IC」から約60分。
  • ☎04-7093-7837(鴨川市 観光課 新たな観光づくり係) 
  • 寄り道:テルムマラン・パシフィーク 温海水プールで心身ともリフレッシュ! 
  • 場所:鴨川市興津1920 ブルーベリーヒル内
  • URL:http://www.city.kamogawa.lg.jp/kanko/kanko_rejya/shizen_keishochi/1413956559366.html

もう一つの房総お楽しみスポット 里山を走る里山トロッコ!

小湊鉄道の「里山トロッコ」で里山を満喫!

可愛いSLにひかれて走るトロッコ列車。お日様をさえぎる天井をガラス張りに、風をさえぎる窓は取り外しています。

小湊鉄道ホームページ

 

トロッコ列車のご乗車方法

  • トロッコ列車は定員制の全車自由席
  • 展望車(窓なし車両)、普通車(窓付き車両)を選択
  • 展望車、普通車はそれぞれ2両 お好きな車両を選んで!
  • 運賃:乗車券のほかにトロッコ整理券(500円、大人/小人同額)必要
  • トロッコ整理券はWebまたはお電話にてお申込み
  • 乗車当日、トロッコ列車乗車駅にてお申込み済みをトロッコ係員へ伝え、トロッコ整理券を購入。
  • 里山トロッコ列車乗車整理券のお申込みはWeb(24時間受付)
  • URL :http://www.kominato.co.jp/satoyamatorocco/
  • ☎ 0436-23-5584 (受付時間10:00〜16:00)乗車日1ヶ月前より受付

 

  • 五井駅はトロッコ接続列車の発車30分前から、当該列車が接続するトロッコ列車の整理券発売
  • 五井駅中間改札脇、特設トロッコ整理券売場にて販売
  • JR線からの乗継はお時間に余裕を持ってお越し下さい。当日券は空席のある場合のみ発売。

 

※展望車は窓ガラスは無いため。当日の天候次第によっては雨具や防寒着などが必要な場合もあり。顧客自身で要用意!

※トロッコ列車運転区間、上総牛久駅〜養老渓谷駅で、五井から来る場合は、五井駅より『トロッコ接続列車』に乗車、7個目の上総牛久駅よりトロッコ列車へ乗車することが可能。上総牛久駅へは五井駅からおよそ30分ほど。

※トロッコ列車の停車駅は「上総牛久」「里見」「養老渓谷」で、それ以外での乗降は出来ません。

 

≪トロッコ列車 WEB時刻表≫

 

 

 

 

参考文献:JR東日本 千葉県早春の観光キャンペン「早春のちば 観光ガイドブック」、 JP BANK カードレター・ヴェール ヴェール、JR東日本、「早春のちば 観光ガイドブック」、小湊鉄道ホームページ、JR東日本 千葉県早春の観光キャンペン「早春のちば 観光ガイドブック」、香取市HPより

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください